こんな症状でお悩みではありませんか?

・最近不眠気味で上手く眠れない
・めまいやふらつきが起こることがある
・頭痛体質で薬が手放せない
・寝ても疲労が取れないことが多い
・最近日中に集中できない
・原因不明の症状で悩まされている etc

このような症状なら、あなたは自律神経失調症かもしれません。

現代社会はストレス社会なので、自律神経が乱れやすい人が増えています。

実際にストレスによる症状・原因不明症状で悩む人が急増しています。

しかし残念ながら、病院の治療で改善しないことが多いのが自律神経失調症です。

そんな時にヨガがおススメです。ヨガは自律神経失調症に有効ですし、根本改善につなげることが出来ます。

その理由は、「ヨガは自律神経失調症の様々な原因を解消できる」ということにあります。

自律神経失調症とヨガについて少し詳しくお話してきます。

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因は、病院だと「ストレス」と言われたり「原因不明」と診断されることがほとんどです。

病院では画像検査や血液検査が主で、それらの検査では自律神経の乱れはわからないため、ストレス・原因不明と言われてしまいます。

ヨガでは自律神経が乱れるのは「呼吸の問題」にあると考えます。

特に自律神経失調症の時は呼吸が浅くなってしまっている人が多いです。

呼吸の浅さは交感神経が優位になってしまい、副交感神経が上手く働かず、バラバラな状態になってしまいます。

深い呼吸をできるようになると、徐々に症状は改善に向かっていきます。

ヨガでは呼吸の問題を中心にアプローチしていきます。

アクアンのヨガが自律神経失調症に出来ること

ヨガ

アクアンのヨガは、「ほぐし」「呼吸」「ヨガのポーズ」「リラックス」を組みあわせたレッスンを行います。

ほぐしでは、肩や肩甲骨などの関節の可動域を広げたり筋肉を柔らかくしたりします。緊張が和らぐと自律神経バランスが安定に向かっていきます。
また深い呼吸をすることで内臓の緊張を取り、副交感神経が働くようにします。するとストレスもスッとなくなっていきます。
ヨガのポーズではゆがんだ姿勢を整えたり、関節のねじれを調整したりします。ゆがみ・ねじれがなくなると自律神経への負荷もなくなります。

ヨガを行うことで、自律神経失調症の原因が1つ1つ解消されていきます。なので継続的なヨガをお勧めしているのです。

アクアンにも自律神経失調症で悩む人が、自律神経失調症改善を目的としてヨガレッスンを受けに来る人が多いです。

ぜひ自律神経失調症にはヨガが有効であることを覚えておいてください。